癜風菌(でんぷうきん)

癜風菌(でんぷうきん)?
ふけの原因のひとつに、頭皮の皮脂腺から出てくる皮脂を栄養源とする菌が癜風菌と言います。 
表皮に付くカビの一種で、癜風は「なまず」とも呼ばれています。
癜風菌というカビは、皮膚に常在菌ですので、ある程度存在するのは異常ではありません。 しかし、脂が多いと癜風菌も異常に発生します。
頭皮の皮脂が大量に分泌されていると、この癜風菌も増えるということになります。そうなれば、この癜風菌という菌が頭皮の皮脂を必要以上に分解していくのです。
 癜風菌は皮脂を脂肪酸に分解する性質があります。その性質で、頭の角質の新陳代謝がとても早いサイクルを描きます。
どんどん新陳代謝がなされて、古い角質が剥がれ落ちてしまいます。これが、ふけが多いという現象…ふけ症の原因です。 
癜風菌が多いことが原因のふけ症。毎日シャンプーをしても、極端にいえば、朝シャンをしても、夕方にはふけが出てくるということです。カビ…癜風菌というカビ。あなどれませんね。
 新陳代謝が早いっていうこと事態はすばらしいことのように聞こえますが、この癜風菌には困りモノです。普通、ふけが出るのは、シャンプーを何日もしていないなど、不潔な状態のときに見られるものです。 つまり、新陳代謝によって剥がれる、古い角質(ふけ)を落としていないときです。
そうでなくて、清潔にしていてもふけが出るのには、癜風菌による原因があるのです。