ミノギシジル!

ミノキシジルとは

ミノキシジルとは、1980年代に製薬会社ファルマシア・アップジョン社(現ファイザー)によって開発され、世界で初めて認可された脱毛症の治療薬です。ミノキシジルとは、もともとは血管を拡張し、血圧を下げる効果のある薬として、1970年代からアメリカでよく使われていた薬のひとつでした。ところが、ミノキシジルの副作用で多毛症になる人が多かったことがヒントとなって研究が進み、脱毛症に効果があるということがわかったのです。

現在ではミノキシジルとは、アメリカをはじめとした、世界中のたくさんの国の人が使っている育毛剤に配合されている成分で、リキッドタイプのほかに経口タイプのものも発売されています。海外では「ロゲイン」「リゲイン」「ヘッドウェイ」などという商品名で発売されており、ミノキシジル製品の濃度は2%から5%となっています。

しかし、日本で発売されているミノキシジル製品の「リアップ」は副作用を考えた1%の濃度であるため、日本では個人輸入業者から海外のミノキシジルを入手する人も多いようです。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは、元々血管を拡張して血行を促進する効果があるということで、高血圧の治療薬として使われていました。ミノキシジルの発毛効果の発見も、元はといえばその副作用で多毛症となる人が多かったからでした。このように、ミノキシジルには脱毛をストップさせ、髪を生やす効果が認められています。

ただし、現在に至るまで、なぜミノキシジルが脱毛症に効果があるのか、詳しいメカニズムはわかっていません。日本では現在、ミノキシジルを成分とした「リアップ」が大正製薬から発売され、かなりの人気を集めています。「ロゲイン」に代表される海外製品はミノキシジルの濃度が高く、手に入れやすい価格でもあるため、より高い効果を求める人は、個人の輸入業者から海外製品を入手するケースも増えているといいます。

とはいっても、濃度が高ければその分副作用も心配される上に、濃度が高いからといって、すぐに効果があらわれるというものでもないため、購入の際には十分に注意する必要があります。また、ミノキシジルが効果を発揮するのは頭頂部の髪が薄くなった場合や脱毛に対してで、額の生え際に対しては効果がないことも知っておく必要があります。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用で最も多く見られるのが頭皮のかゆみです。アレルギーにより、頭皮に炎症が起こることから、発疹やかぶれ、ふけといった症状が出ることもあります。ただしこれらの症状は比較的弱いものだといわれ、ミノキシジルを使った人誰もが副作用をおこすというわけでもありません。

ただ、ミノキシジルはもともと高血圧の治療に使われていた薬なので、ミノキシジルを使うことで逆に低血圧を招くことがあります。また、強い眠気や頭痛、性欲減退などの副作用が出ることもあるようです。
その他にはミノキシジルの使用によって体重が増加したり、胸の痛みやむくみ、動悸といった心臓や血管に関係した副作用が出るケースが報告されています。このような副作用が発症した場合は、すぐに医師に相談するようにしましょう。

また、「リアップレディ」のように、最近では女性用に開発されたミノキシジル成分のものも発売されていますが、母乳から乳児が摂取してしまうことが考えられるので、授乳中の女性はミノキシジルを使うことは避けなければいけません。

ミノキシジル注射について

ミノキシジルが最も効率的に頭皮に効果を現すのは、頭皮への注射だと考えられます。ミノキシジル注射は、医師によって直接髪の薄くなった部分に行われるため、安全性と同時に効果も高い方法です。50歳代までなら高い効果が期待できますが、特に40歳代以下の人に効果が高いといえます。

また、ミノキシジルで一般的によく見かけるのがローションタイプのものです。ローションタイプのミノキシジルは非常に手軽に使うことができますが、汗で流れてしまうことが多いのが難点です。ミノキシジルの他の摂取方法として内服薬もありますが、内服薬は希望する場所にだけ効果が現れるわけではないので、あまり効率的だとはいえません。

その点、注射という方法で希望する場所の頭皮に直接ミノキシジルを浸透させると、局所的に効果が現れ、効き目も早く現れるということがわかっています。

ミノキシジルタブレットについて

ミノキシジルにはタブレットタイプのものがあります。個人輸入などによって非常に手に入りやすく、ローションタイプのミノキシジルが肌に合わずかぶれてしまう人にはタブレットが好まれているようです。

ただし、ミノキシジルタブレットを服用する際には、注意しなければならないことがあります。ミノキシジルはもともと高血圧の治療に使われていたため、経口でミノキシジルを摂取すると、血圧の低下を招く恐れがあります。最初から低血圧であったり通常の血圧の方はもちろんのこと、高血圧で投薬治療を受けている人も注意しなければなりません。

そもそもタブレットのような経口タイプのミノキシジルは、頭皮だけに効果が現れるものではなく、全身に作用するものです。そのため、頭髪だけではなく、全身の毛が濃くなる可能性もあります。効果が高いといわれるミノキシジルですが、リスクもあることを考慮に入れて利用することをおすすめします。